アカデミアネタカナダ留学記

#4【カナダ留学】海外への送金方法【ポスドク留学】

海外への送金方法は進化しています。

だから、先生や両親に聞いてもきっとそれは古いです。

2018年末までカナダで働いていた私の方法をメモしておきます。

私のプロフィールはこちらです。

ねこ研究員
ねこ研究員

カナダ留学の方は、そのまま参考にできると思います!

銀行口座を開設するまで

最初は現金やクレジットカードで生活します。

その際によくある疑問について答えます。

持っていく現金はどれくらい?

人によりますが、私は日本円で3~4万円としました。

後述する、キャッシュパスポートがあれば口座がなくても簡単に現地のお金を補充できます

だから、そこまで必要はないと判断しました。

大金を携帯するのは危険ですしね!

ねこ研究員
ねこ研究員

外貨を入手するなら、ワールドカレンシーショップなどのお店があります。駅周辺にあることが多いです。探してみましょう。

Cash Passportに申し込もう

銀行口座の作成には「住居の住所」の情報が必要です。

ところが、渡航後に住居が決定している場合は少ないです。

よって、暫くは「現金」または「クレジット」の生活になります。

しかし、何らかの理由でクレジットカードが使えない場合が多々あります。

  • そもそもカードでのショッピングに対応していない。
  • 所持しているクレジット会社にお店が対応していない。
  • 限度額を超えていて使えない。
  • 何らかのエラーで使えない

従って、渡航後に現金を補充する方法が必要があります。

その方法が「キャッシュパスポート」です。

キャッシュパスポートとは

キャッシュパスポートいう会社が発行するカードのことです。

オンラインで銀行からカードに入金できます。

その際にどこの通貨で入金するか選びます。

そして、渡航後にATMにカードを挿入すると予め入金しておいた金額をキャッシュで引き出せます。

具体的な手順

つまり、

  1. 日本にいる間にキャッシュパスポートのアカウントを作成し、日本の家にカードを郵送してもらう。
  2. 渡航前・渡航後に限らず、現金の残高が危なくなったら、オンラインで「日本の銀行 → キャッシュパスポート」でお金を移動させる。
  3. 現地のATMで現金を下ろす。

とすればOKです。

詳しいやり方は、キャッシュパスポートを申し込んだ際にカードと一緒に送られてくる説明書に非常に丁寧に書いてありますよ。

ねこ研究員
ねこ研究員

ちなみに、ATMで1日におろせる限度額があるので、急に10万円欲しい!とかは難しいので気をつけてね。

海外への送金方法

最終的には、「日本の銀行口座 → カナダの銀行口座」となります。

これには

  1. 銀行を利用
  2. 海外送金サービスを利用

の2種類がありますが、現在2の方法がお得です。

ねこ研究員
ねこ研究員

もっと先のことを言うと、「カナダの勤め先 → カナダの口座」になりますけどね!

銀行によるサービスは損

「海外 送金」で検索すると、銀行と海外送金サービスを念入りに比較しているサイトがたくさんあります。

どのサイトでも「海外送金サービスの方がお得」と言っています。

私もそう思います。

次で紹介する海外送金サービスを利用してください。

Transferwise

簡潔に申し上げますと、海外送金サービスは銀行じゃない海外送金専門サービスのことです。

有名どころはTransferwiseで私もこれをよく利用しました。

  1. Transferwiseにアカウントを作成。
  2. Transferwiseが指定する口座に自分の口座から送金する。
  3. 2~3日で自分の海外の口座に振り込まれる。

と言う段取りです。

海外で銀行口座を解説できたら、あとは為替レートがお得なときに定期的に日本からの送金を繰り返して生活をすればOKでしょう。

 

ねこ研究員
ねこ研究員

上記段取りに必要な英会話は調べてみてね!